シミができるのはなぜ?原因を知り対策を学ぶ

投稿日:

年齢を重ねるごとにできてしまうシミ。

シミは顔にあると目立つ上、ファンデーションやコンシーラーで上手く隠すのは難しいですよね。

そんな憎きシミですが、シミができてしまう仕組みを知った上で、正しい対策方法を学んでいきましょう。

シミができるメカニズム

皮膚に紫外線が当たると、メラノサイトと呼ばれる色素細胞がメラニンを過剰に生成してしまいます。

通常皮膚内で生成されたメラニンは、皮膚のターンオーバーによって垢として皮膚外に排出されます。

しかし、その時に皮膚のターンオーバーの力が低下していると、蓄積されたメラニンが上手く排出されず、シミとなって残ることに。

ターンオーバー力は、主に年齢の経過とともに低下していきます。

また、ターンオーバー力を低下させる要因としては、ストレス・運動不足・睡眠不足・食生活の乱れなどがあります。

 

シミを予防する方法

スキンケアを丁寧に

夏は日焼け止めを塗ったり、日傘を使ったりなど美白ケアを怠らない人は多いと思います。

しかし、日差しの弱まる秋冬はどうでしょうか。

曇っているから、短時間だからと、UVケアをせずについ外出してしまうことはありませんか?

紫外線は雲を通り抜け、大部分が地表に届いています。

紫外線対策は年中通して行うことで、メラニンの蓄積を抑えることができます。

強い日焼け止めを毎日使うと肌にダメージを与えてしまうので、秋冬や曇の日はSPF15~30程度の弱めの日焼け止めを使いましょう。

また、毎日のスキンケアは保湿を確実に行って下さい。

肌の乾燥はそれ自体がダメージにもなり、他の肌トラブルの原因ともなります。

バランスの良い食生活

皮膚細胞の生成を支えるのが毎日の食事です。

タンパク質・脂質・ビタミン・ミネラルなど、様々な栄養素をバランスよく取り入れましょう。

どれか一つでも栄養が欠けてしまうと、肌細胞がスムーズに作られず、肌内部にメラニン色素がとどまってしまいます。

また、脂っこいものや塩分の濃いものばかり食べていると肌質が脂性肌っぽくなり、ニキビや角栓ができやすくなるなどといったトラブルにもつながることに。

体に良くないので、野菜や果物を多く取り入れた健康的な食事を心がけて下さい。

また、深夜に食べ物を食べることもよくありませんので、規則正しく食事を摂取しましょう。

生活サイクルを整える

睡眠不足は、肌にとても悪いことが分かっています。

22時~3時の間は「睡眠のゴールデンタイム」とも呼ばれており、成長ホルモンが盛んに分泌されます。

成長ホルモンが分泌されると、細胞の生まれ変わりも活発になり、新しくきれいな肌が作られるチャンスです。

遅くても日付が変わる前には布団に入り、最低でも6時間、できれば7~8時間の睡眠を目標に寝るようにしましょう。

不規則な生活や過剰なダイエットはホルモンバランスを崩し、新しい細胞が作られにくくなりますのでやめましょう。

しかし運動はとても良い習慣ですので、ストレッチや軽い筋トレなどを取り入れて、健康的にダイエットするようにしてください。

入浴する際にフェイスマッサージを行って、新陳代謝をアップさせるのもおすすめです。

血行を良くすることで、老廃物が流され美肌効果が期待できます。

 

シミができてしまったら

ドラッグストアやスーパーには、「美白」と書かれている化粧品が多くありますが、それらでできてしまったシミを薄くする力はあまりありません。

シミを予防するためには美白成分は有効なのですが、シミを消したい場合には認定された商品を使う必要があります。

「ハイドロキノン」という成分は名前を聞いたことがあるとおもいますが、これはシミを消す成分として人芸されています。

ハイドロキノンはその効果が強いぶん、副作用が心配されますが正しい使い方をすることでしっかりとした美白効果が期待できます。

パッケージに「しみ・そばかすに効く」とはっきり書かれているものを選んでみましょう。

他にも、抗酸化作用のあるビタミンC誘導体やプラセンタエキスなどが配合されているとさらなる相乗効果も。

自分のシミの程度に合わせてセレクトしていきたいですね。

 

まとめ

シミのできるメカニズムと、対処方法についてご理解いただけましたか。

シミは誰しもできてしまう可能性がありますが、予防法と対処法を知っているだけで、シミをできるだけ少なくすることができます。

正しい知識を身に着けて、美しく白い肌を維持していきましょう。

Copyright© 【成分解析・使い方】スキンフェアリーでもち肌になれる理由をレポートします! , 2019 All Rights Reserved.