気になるほうれい線を改善して綺麗な口元になるには?

投稿日:

年齢を重ねると、シワが気になってきますよね。

特に、口元にほうれい線があると、実年齢よりもかなり老けて見られることになります。

ほうれい線が無いだけで若々しく見え、ベースメイクも綺麗に仕上げることができますよね。

この記事では、気になるほうれい線を改善する方法について解説していきますので、ほうれい線に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

ほうれい線を改善するには

ハリ成分が入っているコスメを使う

ほうれい線を予防&改善するためには、まずスキンケアをしっかりと行うことが大切です。

いつの間にかできているほうれい線は、一日二日でできるようなものではありません。

小さいシワが集まり、つながることで次第に大きなシワに成長し、対策を取らなければシワが刻み込まれて大きなほうれい線になってしまうのです。

そのため、まずはシワができないように保湿成分やハリ成分が含まれているコスメを選ぶようにしましょう。

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド

小じわができる理由として一番多いのは「乾燥」です。

乾燥すると小じわができやすくなるだけでなく、皮脂が過剰に分泌されたり、肌のターンオーバーが乱れてしまったりなど美肌にとって全く良いことがありません。

さらに、メイク崩れも起きやすくなってしまうので注意して下さい。

今のスキンケアで乾燥する、ベタつく、といった方はより保湿力の高いアンチエイジング化粧品に変えてみるのも手です。

季節によっても最適なコスメは異なってくるので、自分に合ったものを見つけるようにしましょう。

フェイスマッサージを行う

スキンケアだけでなく、直接マッサージすることで物理的にアプローチする方法もあります。

顔や首にはたくさんのリンパが通っており、デスクワークが多い現代人はリンパが凝り固まっていることが多いです。

リンパが滞ると老廃物や余分な水分が溜まってしまい、肌のターンオーバーがうまく行かなくなりますよね。

そうすると、乾燥や肌荒れを引き起こし、ほうれい線ができやすく深くなりやすい状態になってしまいます。

一日の終わり、滞ったリンパや凝り固まった顔の筋肉を解すように優しくマッサージしていきましょう。

皮膚に刺激や摩擦を与えないよう、フェイスマッサージ用のクリームを用いて丁寧に行ってください。

食生活を改善する

コラーゲンは肌の内部に存在する物質で、肌を内側から支えてハリとツヤを生み出しています。

そのため、コラーゲンが失われると肌のハリツヤが失われ、垂れ下がってカサカサの萎んだ肌になってしまうのです。

また、コラーゲンは年齢とともにげんしょうしてしまいます。

20代のコラーゲン量と比べると、50代ではなんと半分以下になることも!

コラーゲン入りの化粧水やクリームを使うのにはこんな理由があったからなんですね。

また、最近ではコラーゲンを内側から取り、身体の外と内からダブルでケアをする方も増えています。

一口サイズのゼリーや小さいドリンクなど、手軽に食べられて美味しいコラーゲン食品もありますので、ぜひ取り入れてみて下さい。

まとめ

この記事では、手軽にできるほうれい線の改善方法について解説しました。

ほうれい線があるとかなり年齢を感じることになり、いつまでも若々しく痛い方にとっては大きな脅威です。

ほうれい線を予防改善することで、より綺麗なお肌を実現させてくださいね。

Copyright© 【成分解析・使い方】スキンフェアリーでもち肌になれる理由をレポートします! , 2019 All Rights Reserved.